🏇カマスポ必勝馬券

競馬は最高の推理小説。だから私は、競馬で負けない。

ユニコーンS(GⅢ)予想【伏兵多し】

f:id:karakama5094:20170617213657g:image

🐎展開(ペース M)
逃げ 12, 9
好位 7, 1,15, 8
中位 4,一 団
後方 3,13,14
ハナを切りたい⑫テイエムヒッタマゲだが、これより内に入った⑨シゲルベンガルトラの出方が鍵。⑦アンティノウス、⑧サンライズノヴァが続き、⑮サンライズソアは前走同様、外枠から前を見ながらレースができる。④リエノテソーロは中団からいつでも動ける態勢。②ハルクンノテソーロも同様の位置から。⑧サンライズノヴァが前走同様、早目に動けば後続に不満のない流れに。

 

🐎自信の本命!

◉⑦アンティノウス

初勝利まで5戦を費やしたものの昇級戦も連勝。4馬身差をつけた勝ちっぷりは強かったし、3走前、28キロ増で復帰した馬体が締まって持てる能力を生かし切れるようになった。以前はハナを切っていたが、好位から突き放し、追って味が出た。時計もまだ詰まるはず。

f:id:karakama5094:20170617214531j:image

 母は芝の追込馬だったが、この馬は父がクロフネであること、母父のネオユニヴァースの力強さを遺伝して、どっしりとした体型をしている。芝がイマイチだったのは体が柔らかくないからだろう。その一方で胸前の筋肉はかなり発達しており、砂を掻き込むのに必要なパワーの源となっている。やや斜尻寄りで、末脚を生かしたほうが良いタイプ。肋骨も薄っすらと見えるように太め感もなく好仕上がり。ここでも好勝負になりそうだ。

 

(前回)  助 手  南W良  84.1
 68.3 53.3 39.9  12.8⑨馬なり 


6/7   助 手  南W良    
 69.2 53.6 37.7  12.8⑨馬なり→
プロディガルサンの外を0.8秒先行同入


6/11   助 手  南W良    
 72.2 55.8 40.4  12.9⑥馬なり→
ショウナンアチーヴの外を1.2秒先行同入


6/14   助 手  南W重    
 68.4 52.5 38.6  13.1⑧強 目→
プロディガルサンの外を0.9秒先行同入

 

(時計短縮可能)国枝師--中間は放牧を挟んで、ここを目標に調整。馬体重は同じくらいだけど、中身が伴ってきて良くなっている。今週も格上の古馬相手に互角の動き。時計も詰められるし、実績馬が相手でも楽しみ。

 

△④リエノテソーロ

△⑧サンライズノヴァ

△⑨シゲルベンガルトラ

△⑬ウォーターマーズ

△⑮サンライズソア

 

💴買い目

【3連複】1頭軸ながし

⑦-④⑧⑨⑬⑮

10点×3,000円=30,000円

17.1〜293.3倍:合成オッズ4.3倍

f:id:karakama5094:20170617221121j:image

 6/17 21:00現在

💻ユニコーンS(GⅢ)必勝データ

H13年、9月中山→6月東京に移設。ここではH13年以降の16年間から。

 

🐎3連系対応データ


❶下級戦(その1)
(a)キャリア3戦以上で前3走とも条件以下戦使用馬は、前走ダートの1600m以上戦2馬身以上①着快勝馬を除き[0-0-0-45]。


(b)前2走ともJRAの条件以下戦を使用し、その中に2馬身以上の①着快勝歴がない馬は[0-0-0-39]。


(c)前2走内にダートの非重賞戦-6番人気以下かつ⑥着以下がある馬は[0-0-0-34]。


(d)前3走内にダートの条件以下戦で④着以下かつ0秒8以上の敗退歴がある馬は[0-0-0-29]。


❷距離実績(その1)
(a)前2走とも1400m以下戦使用のダート2勝以下の馬(地方馬は中央成績のみ対象)は[0-0-0-42]。


(b)前2走とも1400m以下戦使用馬のうち、前4走内に重賞戦①着歴orOP戦2馬身以上①着歴or条件以下戦4馬身以上①着歴がない馬は[0-0-0-36]。


❸大敗(その1)
前走日本のGⅡ以下戦で⑩着以下かつ1秒以上の敗退馬は[0-0-0-32]。


❹キャリア
(a)1600m以上戦で3馬身以上の快勝歴がないキャリア4戦以下の馬は、前走ダートの重賞戦連対orOP戦1馬身以上①着馬を除き[0-0-0-28]。
(b)OP戦or重賞戦未経験のキャリア4戦以下の馬は[0-0-0-19]。


❺評価
前2走ともダート戦で5番人気以下は、前走JRAのOP戦①着馬を除き[0-0-0-28]。

 

🐎馬連対応データ


⑥距離実績(その2)
(a)1600m以上戦で連対歴がない馬は、前3走内に1400mのダートOP~重賞戦で2馬身以上快勝歴がある馬を除き[0-0-3-73]。


(b)前走日本の1700m以上の中長距離戦を使用し③着以下かつ0秒4以上敗退馬は[0-0-3-54]。


(c)1600m 3戦以上0勝の馬は、前走OP戦①着or重賞戦連対馬を除き[0-0-2-21]。


⑦連対率
8戦以上2勝以下かつ連対率5割未満の馬は、前走重賞戦連対馬を除き[0-0-3-59]。


⑧下級戦(その2)
(a)前3走内に条件以下戦使用歴があり、そこで1馬身以上①着歴がない馬は、前走重賞戦③着内orOP戦連対馬を除き[0-0-2-56]。


(b)前4走ともダート戦を使用していた馬のうち、その4走内に未勝利戦使用歴がある馬は、前走OP~重賞戦2馬身以上①着馬を除き[0-0-2-25]。


⑨着外
前3走内にJRAの非重賞3歳戦で④着以下が2回以上ある馬は[0-0-2-56]。


⑩ダート実績
(a)ダート2勝以下かつ連対3回以下の馬(地方馬は中央成績のみ対象)のうち、前走3歳ダート戦敗退馬は[0-0-3-55]。


(b)前走ダート戦で③着以下かつ0秒8以上敗退馬は[0-0-2-41]。


(c)ダート3戦以上1勝以下の馬は[0-0-2-9]。


⑪①着歴
前3走とも敗退していた馬は、前3走内にGI戦⑤着内歴orGⅡ戦連対歴がある馬を除き[0-0-5-47]。


⑫大敗(その2)
(a)前2走内にGⅡ以下戦で2秒以上の大敗歴がある馬は、前走1600m以上のダートの重賞戦①着orOP戦1馬身以上①着or条件戦2馬身以上①着快勝馬を除き[0-0-2-32]。


(b)前2走内にダート戦⑩着以下敗退歴がある馬は[0-0-1-23]。


⑬休養馬
1400~1600m戦1勝以下の2カ月以上の休養馬は、3勝以上かつ連対パーフェクト馬を除き[0-0-1-18]。

マーメイドS(GⅢ)予想【実力伯仲】

f:id:karakama5094:20170611084850g:image

🐎展開(ペース M)
逃げ 3
好位 5,12, 1, 4
中位 6,10, 2,11
後方 7, 9, 8
ハナは③プリメラアスール。⑤トーセンビクトリー、①アースライズ、④クインズミラーグロも前で立ち回る。⑩マキシマムドパリは中団から。平均ペースで淀みなく流れ、持久力勝負。直線は先行勢の鍔迫り合い。長く脚を使える⑩マキシマムドパリもこれに加わってゴール前へ。前崩れなら、中団の⑪ビッシュ、②バンゴールにも出番がありそうだ。

 

🐎自信の本命!

◉⑩マキシマムドパリ

 前走は直線で挟まりブレーキ。大目に見たい。一昨年に秋華賞③、前々走からも牝馬同士なら力上位。2000メートルもいい。阪神も前走を除けば①②①③⑤②着。攻めも動いた。

f:id:karakama5094:20170611104741j:image

   バランスの良いシルエットで脚が長め。前走の大敗はレース中に脚を捻ったのが原因であり、参考外として見ていいだろう。この馬はキングカメハメハ産駒ながらややスッキリとしたシャープな造りをしており、牝馬らしい形と言っていいだろう。レースの間隔は開いたが、太く感じさせるところもなく、好仕上がりを見せてくれている。今回の診断メンバーではこの馬に一番魅力を感じた。

 

(前回)  助 手  栗坂良  1 回
 53.8 38.4 24.4  12.1 馬なり 


5/31   藤岡佑  栗坂良  1 回
 51.9 37.6 24.3  12.0 一 杯↗︎


6/4   助 手  栗坂良  1 回
 58.1 42.5 27.9  13.9 馬なり→


6/7   藤岡佑  栗坂良  1 回
 54.5 38.6 24.6  11.8 馬なり↗︎

 

(態勢整う)松元茂師--2走前は外が伸びる馬場だったが、前走は4角のポジションが後ろ過ぎ。おそらくレースで捻挫したんだろう、翌日に足元がモヤッと。3カ月ぶりだが、動きはしっかりしているし、息遣いも良好。太目感のない状態で臨めるからね。

 

△①アースライズ

△②バンゴール

△④クインズミラーグロ

△⑤トーセンビクトリー

△⑪ビッシュ

 

🐎買い目

【3連複】1頭軸ながし

⑩-①②④⑤⑪

10点×10,000円=100,000円

f:id:karakama5094:20170611105436j:image

 

エプソムC(GⅢ)予想【混戦】

f:id:karakama5094:20170610203629g:image

🐎展開(ペース M)
逃げ 1, 7
好位 9,14,15
中位 一 団
後方 2, 4
マイネルミラノは昨年、1000メートル通過60秒5で3着。絶好枠からハナを主張すれば同馬主のマイネルハニーが競り込んでくることはないはずだが、好位勢との兼ね合いもあり、昨年よりは少し速いペースか。クラリティスカイ、タイセイサミットは流れに乗り、アストラエンブレム、ナスノセイカンは射程圏で待機。外から追い上げるヒストリカル、フルーキーを加えての争い。

 

🐎1着候補

◎①マイネルミラノ

f:id:karakama5094:20170611081424j:image

(斤量どうか)相沢師--いい状態で牧場から帰厩。乗り込み順調で気配に関しては前回以上だよ。昨年は3着。行く馬がいれば控えてもいいし馬場の良否も問わない。あとは斤量がどうか。

◎⑦マイネルハニー

f:id:karakama5094:20170611081710j:image

(好レース)横田助手--小倉大賞典はまさかの16着。あそこまで負けてしまったのは展開云々より、目に見えない疲れがあったのかもしれない。放牧明けの今回は心身ともにフレッシュな状態。自分のペースでリズム良く走れれば、好レースになりそう。

◎⑩アストラエンブレム

f:id:karakama5094:20170611081323j:image

(早目の競馬)土明助手--中2週でレースに使うのは初めてですが、以前より馬がしっかりして体質が強くなってきたし、むしろ詰めて使う分の上積みが見込めます。気難しい面はありますが、後ろから突つかれれば頑張れるし、早目に抜け出す形になれば。

🐎2着候補

△②フルーキー

△⑫ダッシングブレイズ

△⑭タイセイサミット

🐎3着候補

×④ヒストリカル

×⑥デンコウアンジュ

×⑨クラリティスカイ

 

🐎買い目

【馬連】フォーメーション

①⑦⑩-①②⑦⑩⑫⑭

12点×5,000円=60,000円

f:id:karakama5094:20170610205352j:image

 

 【3連複】フォーメーション

①⑦⑩-①②⑦⑩⑫⑭-①②④⑥⑦⑨⑩⑫⑭

55点×1,000円=55,000円

f:id:karakama5094:20170610205627j:image

 

【3連単】フォーメーション
①⑦⑩→①②⑦⑩⑫⑭→①②④⑥⑦⑨⑩⑫⑭
105点×500円=52,500円

f:id:karakama5094:20170610205825j:image

 

💻エプソムC(GⅢ)必勝データ

ハンデ戦→別定戦に変更されたH8年以降の21年間から。


▼3連系対応データ

 

❶連対外(その1)
前3走とも年内の2200m以下の芝のGⅢ以下戦③着以下馬のうち、前走56kg(牝馬54㎏)以下で0秒2以上敗退馬は[0-0-0-31]。

→バーディーイーグル、メドウラーク


❷左回り芝
(a)左回り芝を2戦以上して連対ゼロの馬は、前2走内に1600m以上の芝のOP以上戦で連対歴がある馬を除き[0-0-0-28]。

→なし


(b)左回り芝を4戦以上して0勝かつ③着内1回以下の馬は[0-0-0-17]。

→なし


❸掲示板外
前2走ともGⅢ以下戦,6番人気以下で⑥着以下敗退の芝5勝以下の馬は[0-0-0-23]。

→なし


❹条件戦
前2走内に2馬身以上の快勝歴がない前走条件戦使用馬は[0-0-0-20]。

→なし


❺芝実績
芝10戦以上2勝以下かつ連対率5割未満の馬は、芝重賞戦で連対歴が3回以上ある馬を除き[0-0-0-20]。

→デンコウアンジュ(芝2-1-0-10)


▼馬連対応データ

 

⑥連対外(その2)
前2走ともGⅡ以下戦5番人気以下で③着以下の馬は[0-0-6-109]。

→ヒストリカル、カムフィー、トーセンレーヴ、クラリティスカイ、ダッシングブレイズ、パドルウィール


⑦斤量
(a)前3走内に1600~2000mの芝のGⅢ以下戦,斤量55㎏以下で⑥着以下敗退がある牡馬は、前3走内に重賞連対歴orOP戦①着歴がある馬を除き[0-0-2-71]。

→クラリティシチー、パドルウィール、ナスノセイカン


(b)前走芝(良,稍重)のレース③着以下敗退馬で斤量が2㎏以上増加の馬は[0-0-3-50]。

→なし


⑧高齢馬
(a)前走GⅡ以下戦,斤量58㎏未満で0秒8以上敗退の6歳以上の馬は[0-0-4-69]。

→レッドレイブン


(b)前走重賞戦③着内歴orOP戦連対歴がない7歳以上の馬は、芝7勝以上の実績馬を除き[0-0-3-62]。

→ヒストリカル、カムフィー、レッドレイブン


(c)前3走ともGⅡ以下戦で⑤着以下の6歳以上の馬は[0-0-3-56]。

→カムフィー、トーセンレーヴ


(d) 8歳以上の超高齢馬は[0-0-2-30]。

→トーセンレーヴ


⑨着外
(a)前2走とも④着以下だった馬のうち、前走日本のレース,10番人気以下で斤量57㎏(牝馬55kg)以下かつ0秒5以上敗退馬は[0-0-3-66]。

→トーセンレーヴ


(b)年内3戦以上し、前走4月以降の1800~2000mの芝のGⅢ以下戦斤量57㎏以下で④着以下かつ0秒6以上敗退馬は[0-0-1-40]。

→トーセンレーヴ、ベルーフ、パドルウィール、ナスノセイカン


⑩コース
(a)東京芝を5戦以上して1勝以下の馬は,前走OP ~重賞戦で斤量57㎏以上連対の好調馬を除き[0-0-4-54]。

→フルーキー(東京0-1-1-4)、ヒストリカル(東京1-0-1-6)、カムフィー(東京1-2-4-10)、クラリティシチー(東京1-1-2-3)、タイセイサミット(1-1-1-2)、レッドレイブン(東京1-2-0-2)


(b)前3走とも芝のGⅢ以下戦敗退の1800m戦1勝以下の馬のうち、東京芝1勝以下の馬は[0-0-2-27]。

→ベルーフ(1800m0-1-1-4,東京0-1-0-0)、クラリティシチー(1800m1-3-3-0,東京1-1-2-3)


⑪非重賞
(a)前2走内に非重賞戦,斤量55kg(牝馬53kg)以下で④着以下歴がある馬は[0-0-1-49]。

→ナスノセイカン


(b)年内3戦以上し、前走芝(良稍重)の非重賞戦で③着以下だった馬は、前5走内にGI~GⅡ戦③着内の好走歴がある馬を除き[0-0-2-42]。

→ヒストリカル、クラリティスカイ、ベルーフ、ナスノセイカン


(c)前走芝(良·稍重)の非重賞戦,斤量55kg以下で敗退or①着も0秒3以上快勝がない馬で斤量増加は[0-0-3-35]。

→ナスノセイカン


(d)前2走とも非重賞戦で③着以下or0秒3以上敗退の馬は[0-0-1-27]。

→ベルーフ


⑫距離実績
1800~2000mの中距離10戦以上2勝以下の馬は、東京芝連対5回以上のコース実績馬を除き[0-0-3-33]。

→カムフィー(中距離2-2-4-10)、クラリティシチー(中距離1-4-4-3)


⑬休養馬
前走GⅡ以下戦,5番人気以下で⑤着以下の2カ月以上休養馬は[0-0-1-30]。

→カムフィー


⑭強行軍
連闘、中一週の強行ローテをとっていた馬は[0-0-1-29]。

→なし


⑮牝馬
斤量55kg以上の牝馬は[0-0-3-17]。

→※デンコウアンジュ

 

該当なし→マイネルミラノ、マイネルハニー、アストラエンブレム

💻マーメイドS(GⅢ)必勝データ

7月別定戦→6月ハンデ戦に変更されたH18年以降の11年間から。

1番人気馬は2勝と苦戦し、前走条件戦使用の軽ハンデ馬が12頭も連対し、難易度が高い重賞戦。


▼3連系対応データ


❶芝実績(その1)
右回りの芝1勝以下の馬は、前4走内に重賞⑤着内歴orOP戦③着内歴がある馬を除き[0-0-0-30]。

→バンゴール(右1-1-1-3)


❷大敗(その1)
前走4月以降のGⅢ以下戦で⑩着以下かつ1秒以上敗退の馬は、2~3走前に年内の芝の重賞戦で0秒3内の好走歴がある馬を除き[0-0-0-16]。

→なし


❸下級戦
(a)前走1800m未満の非重賞戦で③着以下の馬は[0-0-0-14]。

→なし


(b)前走500万下戦使用馬or前2走内に1000万下戦で0秒4以上敗退歴があるハンデ50kg以上の馬は[0-0-0-8]。

→なし


❹評価
前3走とも年内の1600~2400mのGⅢ以下戦で5番人気以下だった馬は、ハンデ50kg未満の軽量馬を除き[0-0-0-14]。

→プリメラアスール、ショウナンバーキン

 

❺連対外
前3走ともGⅡ以下戦で③着以下かつ0秒3以上敗退のハンデ50kg以上の馬は、阪神芝(H18年は京都芝) 2勝以上or2000m戦4勝以上の馬を除き[0-0-0-11]。

→ショウナンバーキン(阪神0-1-2-8)


❻休養馬
芝4勝以下の馬のうち、3カ月以上の休養馬は[0-0-0-9]。

→アースライズ(芝3-1-1-9)、ビッシュ(芝3-0-1-4)

 

該当なし→クイーンズミラーグロ、トーセンビクトリー、キンショーユキヒメ、リーサルウェポン、ローズウィスパー、ハツガツオ、マキシマムドパリ

 


▼馬連対応データ


⑦距離実績
(a)前走1600m以下使用馬で、2000m戦での連対が2回以下の馬は[0-0-4-36]。

→トーセンビクトリー(2-0-0-2)、リーサルウェポン(0-1-0-2)


(b)1600m戦1勝以下かつ1800m以上戦で1勝以下の馬は[0-0-2-19]。

→なし


(c)右回り芝6戦以上して1勝以下の馬のうち、2000mを3戦以上して1勝以下の馬は[0-0-1-17]。

→リーサルウェポン

 

(d)2000mを3戦以上して連対がなかった馬は[0-0-2-13]。


(e)2000mを6戦以上して連対1回以下のハンデ50㎏以上の馬は[0-0-2-10]。

→なし


(f)前3走とも年内のGⅢ以下の2000m以下戦で④着以下敗退のハンデ50kg以上の馬は[0-0-2-10]。

→なし


⑧芝実績(その2)
芝3勝以下の馬で、右回りの芝1勝以下のハンデ50kg以上の馬は[0-0-2-31]。

→なし


⑨条件戦
(a)前2走内に条件戦で⑥着以下かつ0秒3以上敗退歴があるハンデ50kg以上の馬は[0-0-3-25]。

→キンショーユキヒメ、ローズウィスパー


(b)前走条件戦で④着以下かつ0秒4以上敗退のハンデ50kg以上の馬は、2~3走前に重賞戦⑤着内歴がある馬を除き[0-0-2-16]。

→キンショーユキヒメ、ローズウィスパー


(C)前走条件戦6番人気以下で③着以下敗退のハンデ50kg以上の馬は[0-0-1-16]。

→キンショーユキヒメ、ローズウィスパー


(d)前3走とも条件戦敗退or前走1000万下以下戦で1馬身未満辛勝馬のうち、ハンデ51kg以上の馬は[0-0-2-12]。

→ローズウィスパー


⑩大敗(その2)
3カ月以上の休養馬を除き、前走芝(良稍,重) 1秒以上惨敗で斤量軽減がないハンデ53㎏以上の馬は[0-0-1-19]。

→トーセンビクトリー


⑪GⅠ組
前走GⅠ戦出走馬は[0-2-4-27]。
このうち、斤量軽減がない馬は、阪神芝(H18年は京都芝) 2勝以上の馬を除き[0-0-1-19]。

この中には1番人気馬が5頭もいた。

→なし


⑫コース実績
阪神芝(H18年は京都芝)を5戦以上して1勝以下かつ③着内率5割未満の馬は、阪神の芝の重賞戦で0秒5内かつ⑤着内歴がある馬を除き[0-0-1-11]。

→なし


⑬斤量増加
年内3戦以上し、前走GⅢ以下戦敗退or①着も1馬身未満辛勝馬で今回斤量増加馬は[0-0-1-11]。

→なし

 

該当なし→クイーンズミラーグロ、マキシマムドパリ

安田記念(GⅠ)予想【波乱含み】

f:id:karakama5094:20170604094002g:image

f:id:karakama5094:20170604112659j:image

🐎展開(ペース M)
逃げ 16, 3, 5
好位 10, 1,17
中位 18,一 団
後方 9, 4, 7
ハナにこだわらないロゴタイプだが、押し出されて先頭へ。昨年は35秒0―47秒0―59秒1のペース。上がり33秒9でまとめた。サンライズメジャー、クラレントに香港のコンテントメントが行くこともあって、昨年ほどのスローはない。ステファノスが好位勢の直後で早目の進出。イスラボニータ、エアスピネルがこの前後。アンビシャス、ビューティーオンリーは末脚勝負。


🐎推定3ハロン予想と傾向
上がり3F1位→[2-1-0-2]
4角先頭→[2-1-0-2]

【推定前半3ハロン】
1位⑯ロゴタイプ 34.9
2位⑩クラレント 35.2
3位⑧エアスピネル 35.3
4位③サンライズメジャー 35.3
5位⑪ブラックスピネル 35.4

 【推定後半3ハロン】
1位⑱ステファノス 32.9
2位⑦グレーターロンドン 32.9
3位④アンビシャス 33.0
4位⑮イスラボニータ 33.4
5位⑭サトノアラジン 33.5

🐎軸に最適!
◉⑮イスラボニータ

f:id:karakama5094:20170604125100j:image

年齢を全く感じさせない筋肉量と馬体の張り。フジキセキ産駒は息長く走る馬が多いが、まさにそのタイプと言えるだろう。前走の時点でもキッチリと仕上がっていたが、一度使って更に馬体が締まってきて、良化が感じられる。クビ差しが若い頃と比較して太くなってきており、肉付きが良くなって短距離傾向が強くなってきた。肋骨も薄っすらと見せてムダのない仕上がり。久々のタイトル奪取となるか。

                                   ↑

f:id:karakama5094:20170604125136j:image

マイルCS、阪神Cともアタマ差2着で歯がゆい思いをしたが、前走のマイラーズCでは馬の間を割って出て、2年7カ月ぶりに勝利を挙げた。鞍上が完全に手の内に入れている。3歳時、天皇賞(秋)3着もこのコンビだったし、信頼度は高い。皐月賞まで5勝のうち4勝を東京で挙げ、もともとはこのコースを得意にしていた。長い直線でも。

 

(前回)  助 手  南W良    
 68.2 52.7 38.2  12.5⑤馬なり 


5/24   助 手  南W良  84.5
 67.8 52.3 38.2  12.4⑥直強目→


5/28   助 手  南W稍    
    58.3 42.6  13.6⑥馬なり→


5/31   助 手  南W良    
 68.2 52.0 37.5  12.1④馬なり↗︎

   16.2-14.5-12.7-12.7-12.1(加速ラップ)
ヤマニンリュウセイの内を1.2秒追走同入

 

(完成の域に)栗田博師--実戦のような形で追い切りができ、とても満足している。6歳になってようやく完成の域に達してきたよう。相手は強くなるが、いい状態で大一番に臨めることができる点は大きい。いいレースができると思う。

 

△④アンビシャス

△⑥レッドファルクス

△⑧エアスピネル

△⑪ブラックスピネル

△⑭サトノアラジン

△⑱ステファノス


🐎買い目
購入金額:66,000円

【3連単】1着固定フォーメーション
⑮-④⑥⑧⑪⑭⑱-④⑥⑧⑪⑭⑱
70〜525倍(合成オッズ:7倍)
30点×1,000円=30,000円
f:id:karakama5094:20170604123837j:image


【3連単】2着固定フォーメーション
④⑥⑧⑪⑭⑱-⑮-④⑥⑧⑪⑭⑱
90〜725倍(合成オッズ:10倍)
30点×700円=21,000円
f:id:karakama5094:20170604123856j:image


【3連単】3着固定フォーメーション
④⑥⑧⑪⑭⑱-④⑥⑧⑪⑭⑱-⑮
135〜926倍(合成オッズ:13倍)
30点×500円=15,000円

f:id:karakama5094:20170604123914j:image