🏇カマスポ必勝馬券

競馬は最高の推理小説。だから私は、競馬で負けない。

💻マーメイドS(GⅢ)必勝データ

7月別定戦→6月ハンデ戦に変更されたH18年以降の11年間から。

1番人気馬は2勝と苦戦し、前走条件戦使用の軽ハンデ馬が12頭も連対し、難易度が高い重賞戦。


▼3連系対応データ


❶芝実績(その1)
右回りの芝1勝以下の馬は、前4走内に重賞⑤着内歴orOP戦③着内歴がある馬を除き[0-0-0-30]。

→バンゴール(右1-1-1-3)


❷大敗(その1)
前走4月以降のGⅢ以下戦で⑩着以下かつ1秒以上敗退の馬は、2~3走前に年内の芝の重賞戦で0秒3内の好走歴がある馬を除き[0-0-0-16]。

→なし


❸下級戦
(a)前走1800m未満の非重賞戦で③着以下の馬は[0-0-0-14]。

→なし


(b)前走500万下戦使用馬or前2走内に1000万下戦で0秒4以上敗退歴があるハンデ50kg以上の馬は[0-0-0-8]。

→なし


❹評価
前3走とも年内の1600~2400mのGⅢ以下戦で5番人気以下だった馬は、ハンデ50kg未満の軽量馬を除き[0-0-0-14]。

→プリメラアスール、ショウナンバーキン

 

❺連対外
前3走ともGⅡ以下戦で③着以下かつ0秒3以上敗退のハンデ50kg以上の馬は、阪神芝(H18年は京都芝) 2勝以上or2000m戦4勝以上の馬を除き[0-0-0-11]。

→ショウナンバーキン(阪神0-1-2-8)


❻休養馬
芝4勝以下の馬のうち、3カ月以上の休養馬は[0-0-0-9]。

→アースライズ(芝3-1-1-9)、ビッシュ(芝3-0-1-4)

 

該当なし→クイーンズミラーグロ、トーセンビクトリー、キンショーユキヒメ、リーサルウェポン、ローズウィスパー、ハツガツオ、マキシマムドパリ

 


▼馬連対応データ


⑦距離実績
(a)前走1600m以下使用馬で、2000m戦での連対が2回以下の馬は[0-0-4-36]。

→トーセンビクトリー(2-0-0-2)、リーサルウェポン(0-1-0-2)


(b)1600m戦1勝以下かつ1800m以上戦で1勝以下の馬は[0-0-2-19]。

→なし


(c)右回り芝6戦以上して1勝以下の馬のうち、2000mを3戦以上して1勝以下の馬は[0-0-1-17]。

→リーサルウェポン

 

(d)2000mを3戦以上して連対がなかった馬は[0-0-2-13]。


(e)2000mを6戦以上して連対1回以下のハンデ50㎏以上の馬は[0-0-2-10]。

→なし


(f)前3走とも年内のGⅢ以下の2000m以下戦で④着以下敗退のハンデ50kg以上の馬は[0-0-2-10]。

→なし


⑧芝実績(その2)
芝3勝以下の馬で、右回りの芝1勝以下のハンデ50kg以上の馬は[0-0-2-31]。

→なし


⑨条件戦
(a)前2走内に条件戦で⑥着以下かつ0秒3以上敗退歴があるハンデ50kg以上の馬は[0-0-3-25]。

→キンショーユキヒメ、ローズウィスパー


(b)前走条件戦で④着以下かつ0秒4以上敗退のハンデ50kg以上の馬は、2~3走前に重賞戦⑤着内歴がある馬を除き[0-0-2-16]。

→キンショーユキヒメ、ローズウィスパー


(C)前走条件戦6番人気以下で③着以下敗退のハンデ50kg以上の馬は[0-0-1-16]。

→キンショーユキヒメ、ローズウィスパー


(d)前3走とも条件戦敗退or前走1000万下以下戦で1馬身未満辛勝馬のうち、ハンデ51kg以上の馬は[0-0-2-12]。

→ローズウィスパー


⑩大敗(その2)
3カ月以上の休養馬を除き、前走芝(良稍,重) 1秒以上惨敗で斤量軽減がないハンデ53㎏以上の馬は[0-0-1-19]。

→トーセンビクトリー


⑪GⅠ組
前走GⅠ戦出走馬は[0-2-4-27]。
このうち、斤量軽減がない馬は、阪神芝(H18年は京都芝) 2勝以上の馬を除き[0-0-1-19]。

この中には1番人気馬が5頭もいた。

→なし


⑫コース実績
阪神芝(H18年は京都芝)を5戦以上して1勝以下かつ③着内率5割未満の馬は、阪神の芝の重賞戦で0秒5内かつ⑤着内歴がある馬を除き[0-0-1-11]。

→なし


⑬斤量増加
年内3戦以上し、前走GⅢ以下戦敗退or①着も1馬身未満辛勝馬で今回斤量増加馬は[0-0-1-11]。

→なし

 

該当なし→クイーンズミラーグロ、マキシマムドパリ