🏇カマスポ必勝馬券

競馬は最高の推理小説。だから私は、競馬で負けない。

産経賞オールカマー(GⅡ)予想【波乱含み】

f:id:karakama5094:20170924142827g:image

🐎展開(ペース M)
逃げ 5,10
好位 11, 4, 8
中位 一 団
後方 3,12,17, 1
このところ2番手から結果が出ていないマイネルミラノはハナを切りたいが、内に入ったグランアルマダの方が速そう。好枠のブラックバゴが好位につけ、この顔ぶれならステファノスもある程度前へ。後続からはカフジプリンスが早目に動く。中団からルージュバックが末を伸ばし、アルバート、タンタアレグリアも一気の追い上げ。抜け出したステファノスに迫る。

f:id:karakama5094:20170924142908j:image

🐎騎手データ

f:id:karakama5094:20170924142927j:image

🐎調教師データ

f:id:karakama5094:20170924142944j:image

f:id:karakama5094:20170924143020j:image

 f:id:karakama5094:20170924143035j:image

🐎消去データ

❶着外
前2走とも芝のGⅡ以下戦·斤量57㎏以下で④着以下だった芝の③着内率5割未満の馬は、3走前に重賞戦③着内歴orOP戦①着歴がある馬を除き[0-0-0-46]。

→❌パリカラノテガミ、ショウナンバッハ、マイネルミラノ、マイネルサージュ、デニムアンドルビー、マイネルディーン、ツクバアズマオー、トルークマクト
❷大敗
(a)前3走内に⑩着以下大敗歴が2回以上ある馬は[0-0-0-41]。

→❌パリカラノテガミ、ショウナンバッハ、ディサイファ、マイネルミラノ、ツクバアズマオー、トルークマクト
(b)前走右回りの芝のGⅡ以下戦·馬体重±6kg未満の範囲内で1秒以上敗退の馬は、中山開催時[0-0-0-30]。

→❌パリカラノテガミ、ディサイファ、ツクバアズマオー
(c)前走3000m未満の右回りの芝で⑩着以下かつ1秒以上敗退馬は[0-0-0-24]。

→❌ディサイファ、マイネルミラノ、ツクバアズマオー
❸高齢馬
(a)前2走とも1600m以上のGⅢ以下戦で③着以下の6歳以上の馬のうち、前走0秒6以上敗退馬は[0-0-0-31]。

→❌パリカラノテガミ、マイネルディーン
(b)前2走とも芝のGⅢ以下戦で④着以下の6歳以上の馬は[0-0-0-29]。

→❌パリカラノテガミ、ショウナンバッハ、マイネルディーン
(c)斤量が前走比3kg以上増加の6歳以上の馬は[0-0-0-17]。

→❌パリカラノテガミ、トルークマクト

 

該当なし→

②アルバート

f:id:karakama5094:20170924150009j:image

④ブラックバゴ

⑤グランアルマダ

⑥ルージュバック

f:id:karakama5094:20170924150107j:image

⑧ステファノス

 f:id:karakama5094:20170924150138j:image

⑨タンタアレグリア

f:id:karakama5094:20170924150155j:image 

⑭モンドインテロ

f:id:karakama5094:20170924150237j:image

⑮カフジプリンス

 

 🐎自信の本命2頭流‼️

◉ステファノス

現在1番人気

父ディープインパクト

【短評】大阪杯でキタサンブラックに食い下がり、国内GⅠで⑤②⑤③②⑦着の実力。掲示板外の安田記念はマイルを走るのが久しぶりだったし、0秒3差なら悪くないだろう。前2年、秋緒戦の毎日王冠で結果を出せていないが、ひと足早いオールカマーからの始動となり、この秋にかける意欲は大きい。GⅡも未勝利なので56キロの有利な斤量。セントライト記念4着、宝塚記念5着なら2200メートルでも割引は必要ない。

【調教】

(前回)   鮫島良  栗CW良    
 65.7 50.9 37.3  12.0⑧直強目 
9/13   鮫島良  栗芝稍    
 63.7 48.1 35.5  11.5④強 目→
ムーンシュトラールの内を1.5秒追走0.1秒先着
9/17   助 手  栗坂重  1 回
 56.7 40.8 26.5  12.8 馬なり→
ベストアプローチを1.5秒追走同入
9/20   鮫島良  栗芝稍    
 63.7 48.7 35.3  11.6①叩一杯→

【厩舎】(久々でも)田代助手--前走は大外枠で位置を取りにいった分、脚を使わされた形に。それでも0秒3差だからね。力のあるところは見せられた。叩き良化型だが、それも考慮してここ2週は芝コースでしっかりやってピリッとさせる攻めを。この距離で結果が出ていないけど、折り合いは問題ないからね。良馬場がベスト。

◉⑨タンタアレグリア

現在2番人気

父ゼンノロブロイ

【短評】天皇賞(春)、宝塚記念と回避し、秋に備えざるを得なかった経緯を考えると、実力通りの評価はしづらいが、9カ月ぶりのアメリカJCCを勝ち、鉄砲は利く。中山2200メートルの舞台に不満はないので、底力に期待する手もありそう。

【調教】

(前回)   蛯 名  南W良  84.8
 68.5 53.3 38.4  12.6⑦強 目 
9/13   助 手  南坂重  1 回
 51.8 38.0 25.5  13.2 強 目→
ミッキーグローリーを0.3秒先行同入
9/17   助 手  南W重    
 75.5 59.2 43.9  14.5③馬なり→
9/20   蛯 名  南W良  81.6
 66.1 51.4 37.6  12.6⑨強 目→
サトノルーラーの外を1.3秒追走同入

【厩舎】(前走に近づく)国枝師--骨瘤が出て前走後は無理せずここまで待った。8月に帰厩した時は馬体が淋しく映ったが、ここにきて大分戻ってきた。久々で勝った前走の感じに近づいてきたね。

△②④⑤⑥⑭⑮

💴買い目

購入金額:31,000円

【馬連】フォーメーション(1.62倍)

⑧⑨-②④⑤⑥⑧⑨⑭⑮

13点×1,000円=13,000円

【3連複】フォーメーション(1.57倍)

⑧⑨-②④⑤⑥⑧⑨⑭⑮-②④⑤⑥⑧⑨⑭⑮

36点×500円=18,000円